はぶらしのブログ

はぶらしの日常をつづった日記です。

親子関係

 

今日は大叔母の家に遊びに行って来た。

 

大叔母は、書道の先生の先生?なんかとりあえず書道の世界で偉い人。

あんたもやりなさいよって勧められて、軽い気持ちで始めた。

月1回だから気が楽。

母の運転で行くからほんと楽。

 

練習を終えたらご飯ご馳走になるっていうのが慣例になってて、そこでいろんな話をするんだけど。

大叔母も苦労をしてきた人だから、言うことに説得力があるし、信頼もしてる。

だいたいいつも私の話をしてくれるんだけど(私がするわけではない)、

まあ働いてないこととか、体調のこととか、

毎回結論は母のせいってことになる。

大叔母も母に性格が似てるからこそ言えるのであって、悪気があって言ってるわけではないんだけど。

 

そう言われると、そうなのかな…って思えてきてしまって。

多分他にも要因はあるけど、少なくとも母の育て方や親子関係が要因のひとつではあるよな、とは思う。

 

共働きだし、貧乏だしって状況って、子どもにとっては寂しいし落ち込むんだよね。

少なくとも私の性格ではそうだった。

 

母は強い人だから、自分だったら平気だった、って言う。

それで、この子は違うのよ、だからこうなっちゃったのよ、って大叔母が言う。

何も言えない私。

 

母のすごいところは、大叔母にどんだけ言われても落ち込まないところ。

笑い話に変えられるところ。

 

私も場の空気が重くなるよりは、笑ってくれた方が助かる。

でもほんとに理解してるのかな?って不安になりはする。

 

母を責めたいんじゃなくて、分かってほしいだけ。

 

こういう時に、堂々と自分の気持ちを伝えられるようになりたい。

 

とりあえず今はそれは難しいから、大叔母と二人だけの時に相談してみようとは思ってる。